NEWS

2022年度幹部が決まりました

監督 古川琢也 ヘッドコーチ 佐藤公彦 主将 ​ 植屋剛 副将 オフェンスリーダー 清村壱成 副将 ディフェンスリーダー 西原大貴

2021年度幹部が決まりました

監督 古川琢也 ヘッドコーチ 佐藤公彦 主将 ​ 植屋剛 副将 オフェンスリーダー 鈴木 拓馬 副将 ディフェンスリーダー 吉澤昴希

GAME

2022年春季シーズンの試合日程が決定しました

昨年の順位より、ホークアイはグリーンボウルチャレンジに参加します今回はトーナメント形式ではなく、3チームでの総当たり形式です。 名古屋サイクロンズ戦 6月19日(日) 12:00キックオフ @エキスポフラッシュフィールド 西宮ブルーインズ戦 7月3日(日) 14:30キックオフ @王子スタジアム

X2リーグWEST ネット配信共同事業

昨秋はコロナの影響で無観客での交流戦となりましたが、ボランティアの皆様のおかげでYouTube動画配信を行うことができました。結果、これまでお仕事や所在地の関係で試合会場にお越しいただけなかったたくさんの方に試合を観ていただくことができました。
この配信を安定して継続していくため、所属6チーム共同で「ネット配信共同事業」を発足し広く賛助を集めることといたしました。詳細は以下のHP内に記載しておりますが、X2WEST全体への応援だけでなく、贔屓のチームを指定しての応援も可能です(1応援1,000円〜)。
今秋の全試合動画配信実現に向けホークアイのみならず各チームのOBOG関係者様、ファンの皆様からの賛助をお願いいたします。

Cheerleader -Jaguars-

極上の眠りがつくる
健やかで輝かしい目覚め

ホークアイは、2021年度よりGOKUMIN(運営:株式会社KURUKURU)とメインスポンサー契約を締結いたしました。

組織運営形態変更に伴うチーム名変更
新)ホークアイ(HawkEye)
旧)クラブホークアイ(Club HawkEye)

Join Our Team

ホークアイでは、マネージャー・トレーナーを募集しております。年間を通じて我々と一緒に活動して下さる方、我々と一緒にX1昇格を目指して下さる方、チームのサポートをして頂けませんか?

☆マネージャー
練習時・試合時のグラウンド運営(ビデオ撮影、ドリンク準備、タイムマネジメント等)、備品管理、チーム運営サポート

☆トレーナー
トレーナー業務全般(トレーニング・コンディショニング指導、テーピング、ストレッチ、アイシング、受傷時の応急措置、リハビリプログラムの作成等)、チーム運営サポート

Our Field

毎週日曜午前9時練習開始

Our History

2021年

GOKUMIN(運営:株式会社KURUKURU)とメインスポンサー契約を締結。スポンサー締結により、チーム名を「ホークアイ」に改称。

X2 WEST 優勝。

2017年

X2リーグ降格。

2016年

入替戦に勝利し2017年度よりXリーグ昇格。

2006年

「クラブホークアイ」と名前を改め自主運営をスタート。

2005年

フューチャーズとの合併に合意。協会より承認を受ける。

1999年

心機一転チームを再度編成、新チーム元年として新全日空ホークアイとしてスタート。1年で上位リーグに昇格することを約束する。 Xリーグディビジョン2WEST昇格。

1998年

Xリーグディビジョン3に自動降格となる。

1996年

Xリーグディビジョン2WEST‐Aに出場。

1992年

西日本Ⅱ部に昇格。

1991年

全日本空輸㈱の大阪地区における共済会チームとして認定。

日本社会人アメリカンフットボール協会に準加盟。

第37回日本社会人アメリカンフットボール選手権大会に出場。

日本社会人アメリカンフットボール協会に正式加盟。

西日本カンファレンス、関西社会人リーグに出場。

西日本Ⅱ部入替戦出場。

1990年

新卒者を含め、経験者が大勢チームに参加。それに伴ってコーチングスタッフを拡充。 日本社会人アメリカンフットボール協会に加盟申請。

1989年

全日空グループの社員を中心にチームを創設。本格的な活動を開始。

Contact Us

©︎2021 HawkEye NFA X2 American Football Team.

ホークアイにいつも温かいご声援いただきありがとうございます。
昨年2021年はコロナ禍の状況でほぼ0からのスタートでしたが、ゴクミン様をはじめ初田防災設備様、日本セラピー様ほか多数のスポンサー様にご支援いただき、X2Wで優勝することができました。また多くのOBの皆様からのご支援も賜り、X1Aの入替戦にまで出場することもできました。本当に応援いただいている皆様に感謝いたします。2022年もチーム一丸となって一戦一戦戦ってまいりますので皆様からの熱いご支援を賜りますようチームを代表してお願い申し上げます。早くコロナが収まりマスクのいらない環境でのフットボールが行えますよう皆様におかれましてもご自愛いただき、ぜひスタジアムへお越しいただけますようお願いいたします。

ホークアイHC 佐藤

いつも温かいご声援、多大なご支援を賜り心より御礼申し上げます。今シーズンも主将を続投させて頂く事になりました。
昨シーズンはGOKUMIN様、初田防災設備株式会社様、日本セラピー様、そしてメンバー1人1人の声がけおかげで、春大会は辞退せざるを得ないチームから、X1との入替戦にまで行く事が出来、コロナ渦の中でありながらもかつてない程X2WESTリーグを盛り上げた一助となれたのではないかと思います。
第1節は不戦勝、第2節はゴールデンファイターズ様に15-0で敗戦。第3節はサイドワインダーズ様に21-20で勝利。第4節はTRIAXIS J-STARS様に22-17で勝利。最終節西宮ブルーインズ様には21-7にて勝利し、リーグ戦を終えました。
毎回厳しい試合ではあったものの、秋が深まるにつれ、チームが一体となっていく様子を体感する事が出来、昨年副将の吉澤、鈴木を始め、各リーダー、スタッフには感謝の気持ちで一杯です。
入替戦ではブルザイズ東京様と対戦し、接戦の展開でしたが、逆転出来ず最後にホークアイの勝利を皆様の前で見せる事が出来ませんでした。
2022年は昨年良かった点は更に良くし、改善の余地がある点は1つずつ潰し、さらに成長した姿を見せることが出来ます様、副将の清村、西原を中心に全員でしっかりと準備を続けていきます。
再び、皆様と試合会場にてお会い出来る事を楽しみにし、勝利をお届け出来る様頑張ります。
本年もご支援、ご声援を宜しくお願い致します。

いつもご声援有り難う御座います。今年副将を務めさせて頂きます、OLの清村と申します。昨年は負けに始まり、負けで終わったシーズンでした。X2優勝はできましたがチームとして多くの隙があったように思えます。個々の色が強いチームなのでいい潤滑油となり今年こそX1昇格へ導けるよう精進して参ります。コロナ禍で先の見えない情勢では御座いますが、観てくださる皆様に感動を与えれるように取り組んで参りますので今年も応援宜しくお願い致します。

いつも応援ありがとうございます。本年度ホークアイ副将を務めます西原です。昨年を振り返ると、初練習は4名しかおらず、廃部寸前という状態から植屋主将を中心にチームの土台づくりに努めた1年でありました。今年はホークアイに携わる全員が一丸となり飛躍の1年にするよう精進いたしますので、引続き応援の程よろしくお願いいたします。

いつも暖かい御声援をいただきありがとうございます。
ホークアイでコーチを務めさせていただきます佐藤です。
気がつけば早いもので人生の半分以上をこのチームで過ごすことができておりますが、それもひとえに、選手、スタッフや家族、そして今までかかわらせていただいたOBOGの皆様のおかげと感謝致しております。

数年前に念願のX1に昇格いたしましたがチームとしての骨格ができあがらないまま新たに0からの再出発となります。その再出発にあたり、新たにスポンサー様にもご支援を賜りますがまだまだ再昇格を目指すには全てが足りていない状況です。
チームの新たなモットーでもあります“アメフトを通して関わる全ての人を幸せにする”をモットーに精一杯頑張ってまいりますので皆様には更なるご支援を賜りますようお願いいたします。

いつも応援ありがとうございます。ホークアイ副将の#33LBの吉澤です。
入部して6年を迎えますが、思い返すと我々はずっと偉大な先輩方に付いていくことばかりで、若手が主体性を持つということができておりませんでした。
選手主体のホークアイが長く発展し続けるためには、若手が主体性を持つことが必要であると考え、意思をもって主将植屋と副将鈴木と共に幹部を務めさせていただくことになりました。
といっても我々もチーム内では既に中堅ベテランに差し掛かっております。
自分たちだけが楽しいフットボールではなく、関わり合う皆様との絆を大切に、選手・スタッフ・コーチ・スポンサー様・家族、そしてファンの皆様と共に楽しいチームを作って参りたいと思います。
新型コロナが猛威を奮う中ではございますが、再び試合会場で皆様と盛り上がれる日を楽しみにしております。
今後とも応援宜しくお願いいたします。

いつも多大なるご支援とご声援を有難うございます、今年度副将を務めます#27番の鈴木です。コロナ禍で21年ホークアイは始動となりました。先が見えない状況ではありますが、皆様のお陰をもちまして練習ができている事に感謝を申し上げます。ホークアイの根幹には「Enjoy Football 」という言葉がありますが、チーム構成員だけが楽しむでのではなく、関わる全ての方々にFootballを楽しんでもらうという意味も込められています。植屋主将を筆頭に、EnjoyFootballを体現できるようチームは邁進してまいります。とは言ってもメンバーの数は決して充分とは言えません。新生ホークアイに加入してくれるメンバーを募集しています、お願いします。

日頃より温かいご支援・ご声援を頂戴し、心より御礼申し上げます。植屋剛と申します。

高校時代からフットボールを始め、大学・社会人での勤務地(仙台・さいたま)でこっそり続けており、気付けばもうアメリカンフットボールは14年目です。これまでに、DL/OL/TE/QB(30分)/LB/DB(4プレー)/SNP/K(2回)/オペ(2回)を経験し、様々な角度からフットボールを楽しんで参りました。社会の縮図みたいなスポーツで、体の大きい人と、細身の人が同じフィールドで戦う事、選手間の駆け引きや、グラウンドの上からサインを出しているコーディネーター同士の駆け引きが、1プレー行われるごとに繰り広げられています。足の速い人や、ボールを取る事が得意な人。等個性が生きる、アメリカンフットボールは、とてもExcitingで未だに辞めるタイミングも無く続けています。

私自身、小さい頃からスポーツが好きで、社会人になってもアメリカンフットボール以外にも、野球/水泳/ゴルフ/富士登山(1回)/フルマラソン(完走)/スノーボード/書道をしています。多様な体験を通して、多様な価値に触れ、より多くの方々と共に豊な人生を送る事が、私の夢です。

本年は「X2優勝」を目指し、毎週日曜日に活動しています。緊急事態宣言の明けた6月より本格的な実戦形式の練習を行い、選手・スタッフ一丸となり優勝します。

主将!!!という柄では無いですが、折角頂いたCHANCEを物にすべく、微力ではありますが、チームの勝利、フットボール界の発展に寄与したく、一所懸命邁進して参ります。

昨年からCovid-19にて思うような生活を送ることが出来ない中、さぞフラストレーションも溜まっているかと思います。秋リーグ、会場にてお会い出来る事、心よりお待ち申し上げます。